MS法人の活用~資産管理~

MS法人(Medical Service法人)が行う医療行為以外の業務として、『資産管理会社』として活用する方法があります。MS法人は、医療法人だけでなく個人クリニックでも資産管理会社として活用するケースは増えています。以下にMS法人の資産管理会社としての活用を説明します。

医療機関のための効果的な資産管理戦略

イントロダクション

医療機関における資産管理は、経営の効率化と患者サービスの向上に直結します。資産管理を適切に行うことで、コストの削減や設備の長寿命化が実現され、結果として経営の安定性が高まります。本ブログでは、医療機関が資産管理を効果的に行うための戦略と具体的な手法を紹介します。


1. 医療機関の資産管理の基本

資産管理とは何か

資産管理とは、医療機関が所有する全ての資産を最適に運用・保全するプロセスです。資産管理の目的は、資産の価値を最大限に引き出し、無駄を最小限に抑えることで、医療機関の経営を効率化し、患者サービスの質を向上させることです。資産には以下のような種類が含まれます。資産には設備、医療機器、不動産、人材などが含まれます。

医療機関における資産の種類

1.設備

手術台: 手術室で使用される重要な設備であり、患者の安全を確保するために高い精度と信頼性が求められます。

診察台: 日常の診療に欠かせない設備であり、患者の快適さと医師の診療効率を左右します。

リハビリ機器: 患者の回復を支援するための様々な機器で、適切なメンテナンスが必要です。

2.医療機器

MRIやCTスキャナー: 高度な画像診断装置であり、定期的な保守とキャリブレーションが不可欠です。

超音波機器: 妊婦検診や内臓の検査に使用される重要な機器で、正確な診断を支えるための定期的なチェックが求められます。

血圧計: 基本的な診察に使用されるもので、精度を保つための定期的な校正が必要です。

3.不動産

クリニックの建物: 患者が訪れる場所であり、清潔で快適な環境を保つための定期的なメンテナンスが必要です。

駐車場: 患者のアクセスを容易にするための施設で、適切な管理と安全対策が求められます。

土地: 将来的な拡張や新施設の建設のために重要な資産です。

4.人材

医師: 医療機関の中心となる資産であり、その教育とキャリア開発が重要です。

看護師: 患者ケアを担当する重要なスタッフであり、継続的なトレーニングとサポートが必要です。

技師: 医療機器の操作や保守を行う専門スタッフであり、技術の更新とスキルアップが求められます。

事務スタッフ: 医療機関の運営を支えるスタッフであり、効率的な業務フローの構築が重要です。

資産管理の基本原則

1.評価

定期的な評価: 資産の価値を定期的に評価し、適切な価値を把握することは、資産管理の第一歩です。例えば、MRIやCTスキャナーなどの高価な医療機器は、購入時の価値だけでなく、使用頻度や性能の低下なども考慮して定期的に再評価する必要があります。

評価方法: 物理的状態、技術的状態、経済的価値などを考慮した包括的な評価方法を使用します。

2.維持

保守・メンテナンス: 資産を適切に保守・管理することは、その寿命を延ばすために不可欠です。例えば、手術台やリハビリ機器は、定期的な点検とメンテナンスが欠かせません。

定期的な点検: 定期的な点検スケジュールを設定し、計画的に保守を行うことで、故障やトラブルを未然に防ぎます。

寿命延長: 資産の寿命を延ばすための対策を講じることで、投資のリターンを最大化します。

3.最適化

運用の最適化: 資産の運用を最適化し、無駄を減らすことが重要です。例えば、診察台の配置を最適化し、診察効率を向上させることで、患者の待ち時間を短縮することができます。

無駄の削減: 資産の利用状況をモニタリングし、無駄な使用や非効率な運用を排除します。

リソースの有効活用: 資産を最大限に活用するための運用計画を立て、資産の価値を引き出します。

これらの基本原則を遵守することで、医療機関は資産を効果的に管理し、経営の効率化と患者サービスの向上を実現できます。資産管理のプロセスは継続的なものであり、定期的な見直しと改善が必要です。


2. 資産管理の具体的な手法

資産の評価と棚卸し

1.定期的な棚卸しを行い、全ての資産をリスト化

資産管理の最初のステップは、医療機関が所有する全ての資産をリスト化することです。これは定期的に行う必要があり、通常は年に一度が一般的です。棚卸しを行うことで、現在の資産の状態を正確に把握し、管理台帳に記載します。このプロセスにより、資産の数や種類、設置場所、使用頻度などの情報を最新の状態に保つことができます。

ステップ1: 資産リストの作成

全ての資産をカテゴリ別に整理し、詳細なリストを作成します。例として、医療機器、設備、不動産、人材といったカテゴリに分けてリストアップします。

ステップ2: 資産の識別

各資産に識別番号やバーコードを付けて、個別に追跡できるようにします。これにより、資産の管理が容易になります。

ステップ3: データ入力と更新

リスト化した情報をデータベースに入力し、定期的に更新します。デジタル化することで、資産の追跡や管理が効率的になります。

2.資産の現状を評価し、老朽化や陳腐化をチェック

資産の評価は、資産管理において重要なプロセスです。資産の価値を定期的に評価し、その現状を把握することで、老朽化や陳腐化を早期に発見し、対策を講じることができます。

ステップ1: 資産の物理的状態の評価

資産の使用状態や物理的な損傷をチェックします。例えば、機械の摩耗、建物の劣化などを確認します。

ステップ2: 技術的状態の評価

技術的な性能が現在の基準を満たしているかを評価します。例えば、医療機器が最新の技術に対応しているか、性能が劣化していないかを確認します。

ステップ3: 経済的価値の評価

資産の市場価値や再取得価値を評価します。これにより、資産の売却や更新のタイミングを見極めることができます。

3.資産の使用頻度と重要度を分析し、効果的な配置を実施

資産の利用効率を最大化するためには、各資産の使用頻度と重要度を分析し、適切な配置を行うことが重要です。

ステップ1: 使用頻度の分析

各資産の使用頻度をデータとして収集し、どの資産がどのくらい使用されているかを把握します。例えば、診察台や手術台の使用記録を分析します。

ステップ2: 重要度の評価

資産の重要度を評価し、どの資産が医療機関の運営にとって不可欠であるかを判断します。例えば、MRIやCTスキャナーのような高価値な医療機器は、特に重要とされます。

ステップ3: 効果的な配置

使用頻度と重要度の分析結果を基に、資産の配置を最適化します。例えば、頻繁に使用される機器はアクセスしやすい場所に配置し、効率的な利用を促進します。

4.共用設備の利用を促進し、資産の有効活用を図る

共用設備を積極的に活用することで、資産の有効利用を図ります。これにより、設備の重複投資を避け、コストを削減することができます。

ステップ1: 共用設備のリスト作成

共用可能な設備をリストアップし、どの部門やチームがどの設備を利用できるかを明確にします。

ステップ2: 予約システムの導入

共用設備の利用を管理するために、予約システムを導入します。これにより、設備の利用状況を可視化し、効率的な利用を促進します。

ステップ3: 使用ルールの設定

共用設備の利用ルールを設定し、全スタッフに周知します。例えば、使用後の清掃や点検の義務などを明確にします。

資産寿命の延長とメンテナンス

1.定期的なメンテナンススケジュールを作成し、計画的に保守を実施

資産の寿命を延ばすためには、定期的なメンテナンスが欠かせません。計画的な保守を行うことで、故障やトラブルを未然に防ぎ、資産の価値を保ちます。

ステップ1: メンテナンススケジュールの作成

各資産のメンテナンス必要項目を洗い出し、定期的なメンテナンススケジュールを作成します。例えば、医療機器の点検や校正のスケジュールを設定します。

ステップ2: メンテナンスの実施

計画に基づき、定期的なメンテナンスを実施します。メンテナンス履歴を記録し、次回のメンテナンス計画に役立てます。

ステップ3: メンテナンス結果の評価

メンテナンス後の資産の状態を評価し、必要に応じて追加の修理や調整

を行います。これにより、資産の性能を常に最適な状態に保ちます。

2.修理や更新が必要なタイミングを見極め、早期対応を徹底

資産の修理や更新が必要なタイミングを適切に見極めることで、予期せぬ故障やトラブルを防ぎます。早期対応は、資産の寿命を延ばし、運用コストを削減するためにも重要です。

ステップ1: 使用データのモニタリング

資産の使用データを継続的にモニタリングし、異常な使用パターンや性能低下の兆候を早期に発見します。

ステップ2: 定期的な状態検査

資産の物理的および技術的状態を定期的に検査し、修理が必要な箇所や更新が必要なタイミングを判断します。

ステップ3: 修理・更新計画の策定

修理や更新の必要性が判明した場合、迅速に計画を立て、適切な予算とリソースを確保します。緊急時の対応策も含め、計画的に進めます。

ステップ4: 早期対応の徹底

早期対応を徹底するために、メンテナンスチームや技術者との連携を強化し、問題発生時には迅速に対処できる体制を整えます。

3.具体的な事例と成果

具体的な事例として、ある医療機関ではMRI機器の定期的なメンテナンススケジュールを導入し、故障頻度を大幅に減少させました。また、診察台の使用頻度を分析し、効率的な配置を実施した結果、診療時間の短縮と患者満足度の向上を実現しました。さらに、共用設備の利用を促進するために予約システムを導入し、資産の有効利用を図りました。

これらの具体的な手法を導入することで、医療機関は資産の価値を最大限に引き出し、運用コストを削減し、患者サービスの質を向上させることができます。資産管理の実践は継続的なプロセスであり、定期的な見直しと改善が不可欠です。


3. 財務管理と資産管理の連携

予算管理と資産管理の関係

資産管理と財務管理は、医療機関の経営において緊密に連携する必要があります。資産管理に必要な予算を適切に確保し、計画的に配分することで、効率的な資産運用が実現できます。また、資産購入時のコストと維持費を総合的に評価することが重要です。

1.予算確保と計画的配分

予算の確保: 資産管理に必要な予算を事前に確保します。これは、年間予算の策定時に資産管理部門と財務部門が協力して行います。

計画的配分: 確保した予算を、資産の購入、メンテナンス、更新などの各項目に計画的に配分します。これにより、無駄な支出を防ぎ、資産の価値を最大限に引き出すことができます。

2.資産購入時のコストと維持費の評価

初期コストの評価: 資産購入時には、初期コストだけでなく、長期的な運用コストも評価します。例えば、MRI機器の購入には、高額な初期投資だけでなく、定期的なメンテナンス費用や運用コストも含まれます。

総コストの評価: 資産のライフサイクル全体を通じてかかるコスト(ライフサイクルコスト)を評価し、初期投資と維持費のバランスを考慮します。これにより、資産のトータルコストを最適化できます。


キャッシュフロー管理

資産の購入や維持にかかる費用を管理し、キャッシュフローを最適化することは、医療機関の財務管理において重要な要素です。資産の売却やリースを検討することで、資金繰りを改善し、運営の安定性を高めることができます。

1.費用管理とキャッシュフローの最適化

費用管理: 資産の購入、メンテナンス、運用にかかる費用を詳細に管理します。定期的な予算レビューを行い、実際の支出と予算の乖離をチェックします。

キャッシュフローの最適化: 資産管理の費用を計画的に配分することで、キャッシュフローの波を平準化し、資金の流れをスムーズにします。例えば、高額な医療機器の購入時には、リースや分割払いを利用することで、一度に大きなキャッシュアウトフローを避けることができます。

2.資産の売却やリースの検討

資産の売却: 使われていない資産や老朽化した資産を売却することで、キャッシュフローを改善します。これにより、資金を新たな投資に回すことができます。

リースの利用: 新しい医療機器の導入時には、リースを利用することで、初期コストを抑え、運用費用を分散させることができます。リースはキャッシュフローの管理に有効な手段です。


投資計画と資産管理の戦略

新たな資産の導入や更新計画を立て、長期的な投資戦略を策定することが、医療機関の持続的な発展に不可欠です。資産のライフサイクルコストを考慮し、効果的な投資を実行することで、資産の価値を最大化し、経営の安定性を確保します。

1.新たな資産の導入や更新計画

導入計画: 新たな医療機器や設備の導入計画を立て、必要な資産をタイムリーに購入します。この際、技術的な進歩や市場動向を考慮し、最適なタイミングでの導入を目指します。

更新計画: 老朽化した資産や技術的に陳腐化した資産の更新計画を策定し、計画的に実行します。これにより、常に最新の技術と設備を維持し、医療サービスの質を高めます。

2.ライフサイクルコストを考慮した投資

ライフサイクルコストの評価: 資産の購入から廃棄までの全てのコストを考慮し、総合的な投資評価を行います。これにより、短期的なコスト削減だけでなく、長期的な経済性も確保します。

効果的な投資: ライフサイクルコストを基に、効果的な投資戦略を策定します。例えば、高性能で長寿命の医療機器を選択することで、メンテナンスコストを削減し、長期的なコストパフォーマンスを向上させます。

具体的な事例と成果

例えば、ある医療機関では、MRI機器のリースを活用することで、初期投資を抑えつつ最新の機器を導入しました。また、資産のライフサイクルコストを考慮した投資計画を策定し、長期的なコスト削減と運用効率の向上を実現しました。さらに、定期的なキャッシュフロー管理を行うことで、資金繰りの安定化を図り、財務リスクを低減しました。

これらの具体的な手法と戦略を導入することで、医療機関は資産管理と財務管理を効果的に連携させ、経営の効率化と安定化を実現できます。財務管理と資産管理の連携は、医療機関の持続的な成長と発展に不可欠な要素です。


4. 資産管理のITツールの活用

資産管理ソフトウェアの導入

1.資産管理専用のソフトウェアを導入し、データベースで一元管理

資産管理専用のソフトウェアを導入することで、資産の情報を一元管理することができます。これにより、医療機関の全ての資産を一つのデータベースに集約し、効率的な管理が可能となります。ソフトウェアは、各資産の詳細情報(購入日、メンテナンス履歴、使用状況など)をデジタル形式で保存し、簡単にアクセス・更新ができます。

  • データの一元管理: 全ての資産情報を一つのプラットフォームで管理することで、情報の一貫性を保ちます。例えば、MRI機器のメンテナンス履歴や診察台の使用状況をリアルタイムで確認できます。
  • 簡単なアクセスと更新: データベースはユーザーフレンドリーなインターフェースを持ち、必要な情報に迅速にアクセスできます。また、資産の状態が変わった場合も、すぐにデータを更新できます。

2.リアルタイムで資産の状況を把握し、管理業務を効率化

リアルタイムで資産の状況を把握することは、迅速な意思決定と効果的な管理に不可欠です。資産管理ソフトウェアは、資産の状態や使用状況をリアルタイムで監視し、異常が発生した際には即座にアラートを発します。

  • リアルタイム監視: 資産の稼働状況やメンテナンスの必要性をリアルタイムで監視することで、故障やダウンタイムを最小限に抑えます。
  • アラート機能: 異常が検出された場合、アラートが発信され、迅速な対応が可能となります。これにより、緊急事態に対する準備が整います。

データ分析による資産の最適化

1.資産使用データを分析し、利用状況や効果を評価

資産管理ソフトウェアを活用することで、資産の使用データを詳細に分析できます。このデータ分析により、各資産の利用状況や効果を評価し、無駄のない運用を実現します。

  • 使用データの収集: 資産ごとに使用データを収集し、どの資産がどの程度使用されているかを把握します。例えば、診察台の使用頻度や超音波機器の利用時間を記録します。
  • 利用状況の評価: 収集したデータを分析し、資産の利用状況を評価します。これにより、使用頻度の高い資産や低い資産を特定し、最適な利用計画を立てることができます。

2.分析結果をもとに、資産の配置や使用方法を最適化

データ分析に基づいて資産の配置や使用方法を最適化することで、運用効率を向上させます。資産の効果的な配置と使用は、医療機関全体のパフォーマンス向上に寄与します。

  • 資産の再配置: 使用頻度の低い資産を使用頻度の高い部門に移動させるなど、資産の配置を最適化します。これにより、全ての資産が有効に活用されるようになります。
  • 使用方法の改善: 分析結果を基に、資産の使用方法を見直し、最適な運用方法を導入します。例えば、共用設備の使用スケジュールを調整し、全体の効率を高めます。

クラウドサービスの活用

1.クラウドベースの資産管理システムを導入し、いつでもどこでもアクセス可能に

クラウドベースの資産管理システムを導入することで、インターネットに接続できる場所であれば、いつでもどこでも資産情報にアクセスできます。これは、リモートワークや複数の施設を運営する医療機関にとって非常に便利です。

  • 柔軟なアクセス: 管理者やメンテナンススタッフは、施設内外を問わず、必要な情報に迅速にアクセスできます。これにより、現場での即時対応が可能となります。
  • デバイス間の連携: パソコン、タブレット、スマートフォンなど、様々なデバイスからアクセスできるため、資産管理の柔軟性が向上します。

2.データのバックアップやセキュリティ対策を強化

クラウドサービスを活用することで、データのバックアップやセキュリティ対策も強化されます。これは、データ損失のリスクを低減し、機密情報を保護するために重要です。

  • 自動バックアップ: クラウドサービスは自動的にデータをバックアップし、データ損失のリスクを最小限に抑えます。災害やシステム障害時にも迅速に復旧できます。
  • 高度なセキュリティ: クラウドプロバイダーは最新のセキュリティ技術を導入しており、不正アクセスやデータ漏洩から資産情報を保護します。多要素認証や暗号化などのセキュリティ機能が含まれています。

まとめ

資産管理のITツールの活用は、医療機関の資産管理を効率化し、精度を高めるための強力な手段です。資産管理ソフトウェアの導入により、データベースでの一元管理とリアルタイムの監視が可能となり、管理業務が大幅に効率化されます。また、データ分析を通じて資産の最適化を図り、クラウドサービスを活用することで、柔軟なアクセスと強固なセキュリティが実現されます。これらの取り組みにより、医療機関は資産の価値を最大限に引き出し、経営の効率化と安定化を達成できます。

5. 資産管理の成功事例

効果的な資産管理を行った医療機関の事例

MS法人を『資産管理会社』として活用している医療機関の事例を下記に示します。

事例1: 大都市の総合病院

背景 大都市に位置する総合病院で、老朽化した医療機器と過剰在庫の管理が課題となっていました。特に、診療報酬の効率化と患者満足度の向上が求められていました。

実践内容
  • 資産管理ソフトウェアの導入: 全ての医療機器と設備を一元管理するための資産管理ソフトウェアを導入しました。これにより、各機器の使用頻度やメンテナンス履歴をデジタル化して管理できるようになりました。
  • 定期的な棚卸し: 定期的な棚卸しを実施し、全ての資産をリスト化。資産の現状を把握し、老朽化や不要な在庫を特定しました。
  • メンテナンス計画の最適化: 資産のメンテナンススケジュールを見直し、計画的な保守を実施しました。これにより、故障の予防と機器の寿命延長を図りました。
  • データ分析による配置の最適化: 使用頻度の高い機器を中心に、データ分析を基に効果的な配置を行いました。共用設備の利用を促進し、全体の資産の有効活用を図りました。
成果
  • コスト削減: 老朽化した機器の更新と不要在庫の整理により、年間で約15%のコスト削減を達成しました。
  • 業務効率化: 資産管理ソフトウェアの導入により、管理業務にかかる時間が大幅に削減され、スタッフの業務効率が向上しました。
  • 患者満足度の向上: 設備の適切な配置とメンテナンスにより、診療のスムーズな進行が実現し、患者の待ち時間が短縮されました。

事例2: 地方のクリニック

背景 地方にあるクリニックで、限られた予算の中で効率的に資産を管理し、患者サービスを向上させる必要がありました。

実践内容
  • クラウドベースの資産管理システムの導入: いつでもどこでもアクセス可能なクラウドベースのシステムを導入し、リモートからも資産の管理ができるようにしました。
  • 使用データのモニタリング: 全ての医療機器の使用データをモニタリングし、利用状況を詳細に分析しました。
  • ライフサイクルコストの評価: 資産の購入から廃棄までのライフサイクルコストを評価し、長期的なコストパフォーマンスを考慮した投資を行いました。
  • リースの活用: 高価な医療機器はリースを利用することで、初期投資を抑え、予算の柔軟な運用を可能にしました。
成果
  • コスト削減: リースの活用により初期投資を30%削減し、運用コストの平準化を図りました。
  • 業務効率化: クラウドベースのシステムにより、資産管理業務が効率化され、スタッフの負担が軽減されました。
  • 患者満足度の向上: 資産の最適配置とメンテナンスの徹底により、診療のスムーズさが向上し、患者からの評価も高まりました。

成功の秘訣と学び

1.成功事例から得られる学びや教訓を整理

  • デジタル化の重要性: 資産管理ソフトウェアやクラウドベースのシステムを導入することで、データの一元管理とリアルタイム監視が可能となり、管理業務が大幅に効率化される。
  • データ分析の活用: 使用データを詳細に分析し、資産の配置や使用方法を最適化することで、無駄を省き、運用効率を向上させることができる。
  • 定期的なメンテナンス: 資産の寿命を延ばすためには、定期的なメンテナンスが欠かせない。計画的な保守を実施することで、故障の予防と資産の長寿命化が図れる。
  • 柔軟な予算管理: リースの活用やライフサイクルコストを考慮した投資計画により、限られた予算の中で効率的な資産運用が可能となる。

2.他の医療機関でも活用できるポイントやヒントを提示

  • 資産管理ソフトウェアの導入: 初期コストがかかるが、長期的な効率化とコスト削減が期待できるため、積極的に導入を検討すべき。
  • クラウドサービスの利用: 資産管理をクラウドベースに移行することで、リモートアクセスやデータのバックアップが容易になり、セキュリティも強化できる。
  • 定期的なデータ分析: 資産の使用データを定期的に分析し、運用の最適化を図る。これにより、資産の有効活用とコスト削減が可能となる。
  • 柔軟な投資戦略: リースや分割払いなどの柔軟な投資戦略を活用し、初期投資を抑えるとともに、長期的なコストパフォーマンスを重視する。

これらのポイントを実践することで、他の医療機関も資産管理を効果的に行い、経営の効率化と安定化を実現することができます。



資産管理の総まとめ

資産管理の重要性と効果を再確認

資産管理は、医療機関の経営効率を高め、患者サービスの質を向上させるために不可欠です。資産の効率的な運用と保全は、コスト削減、業務効率化、患者満足度の向上を実現します。また、適切な資産管理により、医療機関は財務リスクを低減し、持続可能な運営が可能となります。

医療機関における資産管理の実践的なアプローチを振り返る

  1. 資産管理ソフトウェアの導入
    • データベースでの一元管理により、資産の状況をリアルタイムで把握し、管理業務を効率化。
  2. 定期的な棚卸しと評価
    • 全ての資産をリスト化し、定期的に老朽化や陳腐化をチェック。
  3. データ分析による最適化
    • 使用データの分析を基に、資産の配置や使用方法を最適化。
  4. クラウドサービスの活用
    • いつでもどこでもアクセス可能なクラウドベースのシステムにより、データのバックアップとセキュリティを強化。
  5. メンテナンスの計画的実施
    • 定期的なメンテナンススケジュールを作成し、計画的に保守を実施。

今後の資産管理のトレンドと展望

資産管理の最新トレンドや今後の方向性を紹介

  1. IoTとセンサー技術の活用
    • 医療機器にセンサーを取り付け、稼働状況や状態をリアルタイムでモニタリングすることで、予知保全や資産の効果的な運用が可能に。
  2. 人工知能(AI)によるデータ分析
    • AIを活用して大量のデータを分析し、資産の最適配置やメンテナンスの最適タイミングを予測。
  3. ブロックチェーン技術の導入
    • 資産の履歴をブロックチェーンで管理することで、透明性と信頼性を高め、資産管理の効率を向上。
  4. スマートホスピタルの実現
    • 全ての資産をデジタルで管理し、リアルタイムで運用状況を把握できるスマートホスピタルの構築。

新しい技術や方法の導入可能性を考察

  • 自動化された在庫管理システム
    • 自動化技術を導入することで、在庫管理の効率化とエラーレスな運用が実現。
  • 遠隔監視とメンテナンス
    • 遠隔での資産監視とメンテナンスを可能にする技術の導入により、コスト削減と効率化が図れる。

次のアクションステップ

資産管理を改善するための具体的なアクションプランを提示

  1. 資産管理ソフトウェアの選定と導入
    • 自施設に適した資産管理ソフトウェアを選定し、導入計画を策定。
  2. 定期的な資産棚卸しの実施
    • 年次計画に基づいて、全資産の棚卸しを定期的に実施。
  3. データ分析の活用
    • 資産の使用データを収集し、分析ツールを活用して最適な運用方法を見つける。
  4. メンテナンススケジュールの構築
    • 資産ごとにメンテナンススケジュールを作成し、計画的な保守を行う。
  5. クラウドサービスの導入
    • クラウドベースの資産管理システムを導入し、データの安全性とアクセス性を向上させる。

MS法人活用の始め方

  • 小規模から始める: すぐに全てを導入するのではなく、まずは一部の資産管理から始めて効果を確認し、順次拡大していく。
  • トレーニングの実施: 資産管理システムの導入に際しては、スタッフへのトレーニングを行い、システムの効果的な活用を促進する。
  • 継続的な改善: 資産管理は一度の導入で終わりではなく、定期的な見直しと改善が必要。定期的なレビューとフィードバックを取り入れ、運用を最適化する。

資産管理の改善は、医療機関の運営効率を高め、患者サービスの質を向上させるための重要なステップです。読者の皆様も、自施設の資産管理を見直し、具体的なアクションプランを実行することで、その効果を実感できるはずです。次のステップとして、まずは小規模な改善から始め、徐々に全体の資産管理を最適化していきましょう。

TOP│極マーケティング (kiwami-marketing.com)

病院・クリニック事業の悩みに応えます

医療専門マネジメントM&A
誰に何を相談すればよいかわからない…
病院・クリニック事業の悩みを解決

各種手続きやご相談に関するアドバイスを行います!