MS法人を活用するタイミング

医療機関における経営の効率化と業務の合理化を実現するために、MS法人(医療関連サービス法人)の活用は非常に重要です。MS法人を効果的に利用することで、医療機関は業務の専門性を高め、リソースを最適化し、経営上のリスクを低減することができます。本記事では、MS法人を活用する具体的な意味とそのメリットについて詳しく解説します。

設立のタイミングは、目的により様々です。
自院で業務をすべてまかなおうとすると、経済的、人的負担が増えます。
外注でコストやリスクをコントロールすることが重要です。

MS法人とは

MS法人(メディカルサービス法人)とは、医療機関が提供する医療以外のサービスを専門に行う法人です。具体的には、医療機器の管理、清掃業務、給食サービス、人材派遣など、医療行為以外の業務を担当します。

MS法人を活用する意味

1. 経営の効率化

MS法人を活用することで、医療機関は医療行為に専念でき、経営の効率化を図ることができます。医療行為以外の業務を専門の法人に委託することで、医療機関のスタッフは本来の業務に集中でき、全体の業務効率が向上します。

2. コスト削減

MS法人を設立することで、さまざまなコスト削減が期待できます。例えば、医療機器のメンテナンスを一括して管理することで、個別に管理するよりもコストを抑えることができます。また、清掃業務や給食サービスを一元化することで、スケールメリットを享受し、コスト削減が可能です。

3. リスク分散

非医療業務をMS法人に移管することで、経営上のリスクを分散することができます。労働問題や法的リスク、サービス品質に関するリスクをMS法人に委託することで、医療機関自体のリスクを軽減することが可能です。

4. 専門性の向上

MS法人により、各分野の専門性が高まります。例えば、医療機器のメンテナンスを専門とする企業が運営することで、高品質なサービスが提供されます。これにより、医療機関は高い専門性を持つサービスを受けることができ、全体のサービス品質が向上します。

主な業務内容

医療機器のメンテナンスと管理

医療機器の定期的な点検、修理、管理を行い、機器の安全性と信頼性を確保します。これにより、医療機関は常に最新かつ安全な機器を使用することができます。

院内の清掃・衛生管理

院内の清掃や感染予防対策を徹底し、清潔な環境を維持します。特に、手術室やICUなど、衛生管理が厳格に求められるエリアの清掃を専門的に行います。

給食サービスの提供

患者やスタッフに対して、栄養バランスの取れた食事を提供します。食材の調達から調理、配膳までを一括して管理し、食中毒などのリスクを低減します。

人材派遣および管理業務

看護師、医療事務、技師など、医療機関に必要な人材を派遣し、その管理を行います。これにより、医療機関は必要な時に必要な人材を確保することが可能です。

広報・マーケティング支援

医療機関のブランド構築や患者誘致を支援します。ウェブサイトの運営、SNSの活用、広告戦略の策定など、マーケティング活動を包括的にサポートします。

事例紹介

A病院のケース

A病院では、MS法人を活用して医療機器のメンテナンスと清掃業務を外部委託しました。その結果、機器の稼働率が向上し、感染症の発生率が大幅に低減しました。これにより、医療スタッフは本来の業務に集中でき、患者へのサービス品質も向上しました。

Bクリニックのケース

Bクリニックでは、MS法人を通じて人材派遣サービスを利用し、看護師と医療事務の派遣を受けました。これにより、繁忙期でも必要な人材を確保することができ、患者対応の質を維持することができました。

結論

MS法人を活用することで、医療機関は経営の効率化、コスト削減、リスク分散、専門性の向上など、多くのメリットを享受することができます。MS法人の活用は、現代の医療経営において不可欠な要素であり、適切に導入・活用することで、医療機関の競争力を高め、患者に高品質なサービスを提供することが可能となります。今後も、MS法人の利用を積極的に検討し、継続的な改善を図ることが重要です。

病院・クリニック事業の悩みに応えます

医療専門マネジメントM&A
誰に何を相談すればよいかわからない…
病院・クリニック事業の悩みを解決

各種手続きやご相談に関するアドバイスを行います!